望みの声優オーディションに合格するために必要なのは

望みの声優オーディションに合格するために必要となるのは、技術と経験、そして審査員が何を求めているかを知る事前調査にあります。この技術と経験はボイストレーニングをすることや何ともオーディションを受けることで積んでいくことができますし、事前調査は募集される作品の原作を読み込むことで知ることが出来るようになります。
今の望みの声優オーディションはどんどんとレベルが高くなっているので、何も練習もしないで受かることはほぼないといってもいいかもしれません。それぐらいに狭き門となっていることを自覚して、しっかりと練習をして、調べるべきことを調べてオーディションに挑むことが必要になります。
オーディションに気まぐれで応募して受かることを希望するようなことではまず合格することはないと考えた方がいいでしょう。

まずはしっかりとした声を作ることから

声優に求められるものの第一が、ハッキリとした発生です。これは活舌がいいということと、聞き取りやすく、音量もある程度以上はあることが求められます。これは、人に聞いてもらうという作品である以上外すことが出来ない条件です。
あるシーンでは日常会話であっても、声優はしっかりとした聞き取りやすい声を出すことが求められることになります。活舌の練習はアナウンサーがするような発声練習で身につけるように出来ますし、音量についてはボイストレーニングによって腹式呼吸を身につけることで手に入れることが出来るようになります。
こうしたこと、日常会話を普通にしていても手に入れることが出来るものではありませんから、日頃から意識してトレーニングをして手に入れる必要があります。

オーディションの原作を調べて、必要とされる声をイメージする

声優オーディションが他のオーデイションと明確に違うのは、求めている声が既に審査員の中にあるということで、オーデイションはそのイメージに近い声を探すものということです。
そのため、無駄な自己アピールなどは却って評価を下げることになります。声優のオーディションは審査員がどういう声を求めているのかを想像して、それに近づけるように努力するようにします。
それでようやく、審査員が求めているものに近いモノになるわけです。これが事前調査なしで、審査員がどういうものを求めているのかわからないでオーディションに挑めばどうなるかは明白です。明らかに審査員が求めているものとはかけ離れたものとなりますから、どんないい声を出してもオーディションに受かることは難しいでしょう。