素人でも声優オーディションに参加することは可能です

アニメやゲームへのアフレコやナレーションなど声のみのお仕事というのは沢山存在していますが、そのほとんどがプロの声優さんが担当しています。素人が声を吹き込むのに比べて明らかにキャラクターが立つことや、画面の情景が鮮明に浮かぶことからが声優さんが重宝されている理由だと言えるでしょう。
そんな声優さんになる方法としては、声優の専門学校に通うことか舞台役者から声優に転向するが確実性が高いとされています。ただし誰もが成功するとは断言できませんが、完全に芝居をしたことのない素人でも参加できる声優オーディションというのも存在しているため、芝居に携わったことはないものの声優になれたという実例も存在しています。声に自信がある方はチャレンジしてみるのもいいでしょう。

どのオーディションでも参加できるわけではありません

アニメやゲームのアフレコの場合とくに多いのですが、原作者からこの声優さんを使って欲しいといった要望がないようなら大抵の場合オーディションで役が決まります。現場経験がある方のみを集めてオーディションが行われるといった事も少なくないものの、コスト面が安い新人を積極的に起用する方針のオーディションというのも確かにあると言えます。
素人や声優としての仕事をまだ全く行ったことがない方でも参加できるオーディションもあれば、実績のある方しか参加できないオーディションもあるのだということを覚えておくといいでしょう。
声優オーディションの開催は声優事務所や芸能事務所に知らされるだけでなく、インターネット上などで告知されることも多いので参加条件に目を通してみてください。

次の仕事に繋がる可能性もあります

ひとつの声優の仕事をこなせば、その作品に携わった総監督や音響監督などを初めとしたスタッフさんに顔を覚えてもらい、また同じスタッフが終結して新しいアニメを作る際などに声をかけてもらえることもあります。素人でも参加できる声優オーディションに受かり脇役からスタートした後に、主役級のキャラクターを演じさせてもらったという現役の声優さんも実在していますので、一作のみの出演ではなく次の仕事に繋がる可能性もありえるということを記憶しておくといいでしょう。
声優さんや役者さんも最初は素人からスタートしておりますので、現場に一人素人が交ざっていたとしても過度にプレッシャーを与えてくるようなことは今の時代ほぼありません。憧れの仕事に就きたいようなら、勇気を持ってまずはオーディションに応募することを推奨します。