意外と審査項目の多い声優オーディション

アニメが爆発的な人気を見せる中、注目が集まっている職業があります。それは声優です。声優と言えばかつてはどちらかというと目立たずにアニメや洋画を支える存在でしたが、昨今では声優自体にフォーカスが当たっていることも多く、憧れの対象となっているケースも珍しくありません。その流れもあって声優を志す方は増加しています。ただ、プロの声優になるには声優オーディションを突破する必要があり、声に自信があるだけでは合格できない仕組みとなっています。オーディションの内容を詳しく理解し、対策を立てておくことが大切です。オーディションさえ突破できれば憧れの声優と共演できる日も遠くありません。今日もたくさんの声優の卵たちがオーディションに挑み、デビューを果たしています。

声優オーディションの内容や特徴とは

声優のオーディションというと演技や声の審査だけと考えられがちですが、実際には他の内容も多く含んでいます。例えば声優業界全般の知識に関する質問や、自己プロデュース能力なども問われます。特に声優として技術だけを磨いていると、業界に対する知識が不足してしまうケースがあります。声優の歴史、プロダクションの情報などもしっかりと学んでおく必要があります。声優として働くには自分の役割を把握することが大切です。全ての声優が美男美女を演じていてもアニメは成り立ちません。自分の特色を把握してそれをアピールすることが声優オーディションを突破する鍵となっています。声優とは言え、オーディションにおいては表情などのビジュアル面もチェックされているので、美容院などに行っておくことをお勧めします。

オーディション対策を行うポイント

声優のオーディションでは一般企業で言うところの面接のような内容を含むケースも多いです。すなわち、礼儀やマナー、コミュニケーション能力も極めて重要性が高いと言えます。声優として働く上で周りの方にどんな印象を持たれるかが重要となっているからです。最近では声優が生放送のラジオに登場することも増えており、咄嗟のアドリブ力なども問われることがあります。いずれにしても個人的な練習で備えることは容易ではなく、専門のスクールに通う方が多いです。最近では声優を始めとしたアニメに携わる仕事向けの専門スクールがいくつも生まれており、選択の幅は極めて広くなっています。憧れの声優の出身校を選択することも出来ます。スクールに通うことはプロになるための大きな一歩となります。