声優オーディションで受かるためにすべきこと

最近は声優オーディションを受ける人も多くなっているので、なかなか受かりにくくなっていますが、受かるにはそれなりに努力をする必要があることも事実です。人が多くなったということもありますが、声優を目指す人も多くなったので、レベルが上がっているということを忘れないようにしましょう。
そうなると、努力をしている人としていない人とでは確実に差が出ることになります。声というものはなかなか変わらないと考える人が多くいますが、トレーニングをすることで変わるものでもあります。
となると、確実にトレーニングをしている人がオーディションでは有利となるわけで、これがなかなかオーデイションで受からなくなる理由となります。トレーニングをして受かる人は受かりやすく、しない人はなかなか受からないというわけです。

声優は声だけで決まるとは限らない

声優は声だけでは決まるとは限りません。これまでの実績もあってイメージがしやすい人は、それだけでも声だけでもかなり受かりやすくなります。何故なら、その声が既に審査員の中にイメージとして残っていることがあるからです。
声優オーディションは未知の人材を発掘するようなものではありません。既に原作がありその原作にあうキャラクターの声がイメージとして審査する側は持っています。そして、そのイメージに合う人を採用するわけです。
ですから実績が既にあり、その声がイメージとして審査員の頭の中にあると受かりやすくなります。何しろイメージ通りの声となるわけですから。そのため、過去に多くの声優オーディションで受かっていて、いろいろな声優を体験している人は受かりやすくなるわけです。

審査員のイメージに合う声を考えること

声優のオーディションでは審査員のイメージに合う声を出すことが第一です。ですから、既に作品の原作が出ているような場合であれば、その原作を読んでどういう場面でどういう人の設定で自分の声が使えるのかをイメージできるようにすると効果的です。
声優の希望者はいくらでもいるわけですから、個性でアピールしても限度があります。しかも、個性はほとんどの場合は声が聞きにくくなったり、声質が悪くなったりと耳障りが悪くなるケースが多いといえるでしょう。
ですから、採用実績がないような状態で、個性で勝負をしようとしないで、最初は聞きやすい
ハッキリとした声で勝負をするようにしましょう。そのうち、個性も出せるようになります。最初から自分勝手なイメージで独特な個性を出してもなかなか受け入れてもらえるものではありません。